氷嚢を手術の際に必ず購入していおきたい理由

氷嚢を手術の際に必ず購入していおきたい理由

膝の手術の際には必ず買っておきたい氷嚢


スポンサーリンク




まず、何が何でも必要になるのが氷嚢(アイスバッグ)と製氷機です。これは必ず準備しておきましょう。

 

入院前に準備するよう病院から指示があると思いますが、最悪の最悪、持っていかなくても何とかなります。

 

病院ですからね。持ってなければ怒られるでしょうけど貸してもらうことができますし、氷も大型の製氷機が各フロアにあるので困ることはないです。

 

しかし、退院して自宅に帰ってからはどうでしょう?

 

無いものは無いです。

 

いくら困っても悩んでもありません。誰かを呼んで買ってきてもらうのも手かもしれませんが、わざわざ呼び出すのも抵抗があります。

 

アイスノンなどでも代用はできますが、やはり膝全体を覆える氷嚢の方が使い勝手が良いです。

 

冷やすものがないとどうなるか

手術した後の膝は激しく炎症し熱を持ちます。退院した後もまだ炎症は治まっていませんし、熱も持ってます。

 

この熱は取ってあげることで早く炎症を落ち着かせることができるのですが、冷やすものがなければそれができません。
更に、熱を持っているときはズキズキと痛みも出ます。

 

治まらない疼痛とずっと格闘しなければいけなくなってしまうのです。

 

かなりのストレスになりますし寝つきも悪くなってしまいます。

 

まさに悪循環ですね。退院直後はひどい痛みでとても買い物するどころではありません。
事前に準備しておき、退院後すぐに使える状態にしておきましょう。

 

 

氷嚢(アイスバッグ)がなぜ良いのか

氷嚢(アイスバッグ)
すでに少し書いてしまいましたが、なぜ氷嚢が適しているのでしょうか。

 

膝全体を覆うことができます

すでに書いてしまいましたが、冷凍庫に入れるだけのアイスバッグは大体カチカチに凍ってしまい、一部しか冷やすことができません。
更に膝全体を覆うような大きさの物は私は見たことがありません。

 

前十字靭帯や半月板の手術の後は膝全体が大きく腫れます。
ここまで全体を被せることができるのは氷嚢だけです。

 

更に氷嚢の使い方は中に氷と少量の水を入れます。
膝全体を覆うのは水でその水をキンキンに冷やすのが氷の役割になりますので最初から膝の形に合わせることができます。

 

氷嚢ホルダーがあれば理想的

氷嚢単体で使うとどうしても支えが必要になり片手が塞がってしまいますが、氷嚢ホルダーがあれば両手が空きます。
何かをしながら冷やすことができるのでとても便利です。

 

膝の事を考えると氷嚢が一番いいのですが、デメリットもあります。




氷嚢(アイスバッグ)は大量の氷が必要になります

氷嚢を使うのには中に氷と少量の水が必要です。

 

氷を精製するには製氷機が必要です。しかも大量に。

 

冷蔵庫によって製氷される時間は異なるのでしょうが、私の家の冷蔵庫で朝に水を入れて完璧に凍るのが次の日の朝でした。

 

夜のうちに出してみると、ほとんど出来上がりの状態ですがまだ水の部分があります。
服がびしょびしょになることもありました。

 

24時間かかるものと考えて、一回の氷嚢に入れる氷が市販の製氷機1つでは足りないくらいなので1.5つとします。
朝、昼、晩で取り換えるとして4.5個分の製氷で、割り切れないので5つ必要になります。

 

1日で5つ分の製氷が必要になるのです。
製氷機
更に氷を保管するスペースも必要になるので氷と製氷機で一時期は冷凍庫がいっぱいになっていました。

 

そんなに作っても足りなくなる時があるくらいです。

 

私の場合、普通のアイスとなぜかクラッシュアイスの製氷機も買ったので余計に必要になり足りなくなったというのもありますが・・・

 

クラッシュアイスってなんだ?

普通のブロックアイスを砕いて小さくしたような氷です。ブロックアイス1個がクラッシュアイス6〜8個分になります。

 

クラッシュアイスは一粒が小さく、全体が外気にさらされるので早く溶ける分、即効性も高いです。つまり、すぐに水が冷たくなります。

 

氷嚢にはブロックアイスとクラッシュアイスを混ぜて入れ、早く冷えるし長く持続する氷嚢を作って膝を冷やしていました。
冷蔵庫はつぶれましたし、ちょっと足りなくなりましたがかなり満足してます。

 

膝を冷やすのは氷嚢が一番です

ここまで書いたように、膝を冷やすのは氷嚢が最適です。

 

手術入院の前には必ず準備しておくようにしましょう。
こちらからも購入できます。


S-esuも使った氷嚢(アイスバッグ)です。

ホルダーもついていてかなり便利です。

頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

 

知識集へ

(前十字靭帯損傷・半月板損傷・入院に関する知識を書いています。)

前十字靭帯・半月板損傷に関する知識集

 

 

 

おすすめ記事

氷嚢,アイスバッグ,膝 手術 氷嚢

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

氷嚢,アイスバッグ,膝 手術 氷嚢

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

氷嚢,アイスバッグ,膝 手術 氷嚢

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由
アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。必ず手術前に購入しておくことをお勧めします。
モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。少しでも快適な入院ライフにするために準備してはどうでしょうか。
スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由
膝の手術をして、いよいよ復帰となるときには膝のサポーターが必需品になります。その理由とサポーターの種類について詳しく説明させていただきます。快適にスポーツ復帰に向けて自分に合ったサポーターを装着しましょう。
暇つぶしで入院生活を有意義なものに変えましょう
入院生活は手術内容にもよりますが、多かれ少なかれ、時間が余ります。その時間の使い方も入院生活の醍醐味です。少しでも有意義に過ごせるように、簡単にどうやって時間つぶしをするか書いてみました。
膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント
膝のリハビリも非常に大事ですが、同じくらい大事なのが必要な栄養を摂取することです。膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。
加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる
長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。紹介させていただきます。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ