悪夢の日 右足前十字靭帯損傷と半月板損傷

悪夢の日 右足前十字靭帯損傷と半月板損傷

悪夢の日 右足前十字靭帯断裂と半月板損傷

スポンサーリンク


ケガをする当日、バスケットボールの結構大きな試合でに参加させていただいていました。
2試合あって1試合目は問題なくこなして無事に勝利しました。結構大きな大会の準決勝、決勝だったので相手は軒並み強い相手でした。

 

そして運命の2試合目、決勝戦ということもありかなり相手が強かったですが、自分が所属していたチームもかなり強いメンツがそろっていたのでかなりいい試合をしていました。

 

第三ピリオドの中盤くらいで10点差ほどで勝っていました。

 

まだまだ気を抜くと一気に持っていかれてしまうのでこちらも必死でした…私のバスケットボールをする上での長所は180台後半の身長にしてはリバウンド(ゴールに入らなかったときのルーズボール)に非常に強いということ、そこからの得点でした。一般的には身長は高いのですが、このレベルのバスケの試合だと190cm台がゴロゴロ出てきます。ちょっとした自慢ですが、その中にいても私はガツガツリバウンドをとれていたほうだと思います。

 

そんな中です。第三ピリオド後半、味方がシュートを外し、リバウンドを取りに行った時でした。
相手と接触をしつつも少し強引にボールを取りに行って着地した時です。

 

「あれ?」

 

となりました。膝に力が入りません。前十字靭帯が損傷したときは大きな断裂音がするといろいろなところで書かれていますが、私の場合、大きな音がしたのかもしれませんが断裂音の記憶はありません。

 

 

力が入らずに、大きく足を引きずるような形でしか歩けませんでした。

 

生まれたてのカモシカのような感じで、足をついて次の足を出そうとすると右足が崩れます。その時は大きな痛みはなかったです。

 

ですが、歩けないわけですからすぐに退場します。ゴール下の要という自覚はありましたので早く戻りたくてしょうがなかったのですが。。。

 

 

パッと見てもらうと・・・

トレーナーがいて、膝の内側をちょっと強めに押してきました。これが痛いのなんの!なんだ?!?!とか思っていると、トレーナーは結構深刻な顔しておりまして。。。
「靭帯、それか半月板いっちゃってるかもしれません・・・」

 

本当、「はっ???」って感じですよ(笑)

 

多少強引に取り入ったのは間違いないですが、バスケではそんなのはつきものですし、そういったプレイをやり続けてましたからね。

 

とりあえず、その日の試合はそれ以降出たくても出れる状況ではありませんでした。
それが原因なのかはわかりませんが、第4ピリオド、私があたふたしている最中にあれよあれよと逆転され、試合にも負けてしまいましたよ。悔しかったですね。。。

 

 

状況的には自分が抜けて周りの士気が下がり、それを突いてきた相手に一気に持っていかれてしまった感じです。自分が抜けてそうなってしまったんですからね、
「なんであの時取りに行っちゃったんだ・・・」という念にかられて落ち込んじゃいましたよ。チームメンバーは関係ないと言ってくれていましたが。


その後の右ひざの状況

時間がたつにつれて、私の右ひざはどんどん腫れていきました。トレーナーからは「次の日に普通に歩けたら大丈夫だと思います。」って言われましたが、夜になるころには足をつくことすら痛くてできないのです。それどころか、足を伸ばすことすらできなくなりました。半月板損傷のときに起こる症状のロッキング現象です。

 

ロッキング現象とは?
半月板の損傷などにより、膝の曲がるところに半月板の一部、または軟骨が挟まり曲げ伸ばしができなくなることです。

 

まさにこの現象でした。膝はパンパンに腫れて足はまっすぐにならない、その状態で歩こうにも右足が地面についただけで悶絶する痛さです。

 

その夜は地獄でした。立つことすらつらいです。ご飯を食べなければいけませんし、シャワーも浴びなければいけませんが全く足がつけない状況ですのでケンケンですべてをこなすしかありません。

 

これは明日までに絶対治らないよね?明日仕事なんだけど・・・

 

そんなこと考えていましたが、当時これが靭帯とか半月板とか、トレーナーに言われていましたが実感はわいておらず、打撲かな?捻挫かな?とか全治一週間かな〜とか楽観的に考えていたことを覚えています。

 

今までねん挫とかは嫌というほどやっていたのでその感覚でいたのです。基本的に放っておけば治るの精神でいました。

 

とにかく、痛かったですが、これから長い戦いが始まるとは思ってはいませんでした。

 

スポンサーリンク


 

 

 

 

頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

スポンサーリンク

おすすめ記事

前十字靭帯,半月板,損傷,痛み

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

前十字靭帯,半月板,損傷,痛み

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

前十字靭帯,半月板,損傷,痛み

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

右膝前十字靭帯、または半月板損傷の疑い
右ひざが痛すぎて足をつくこともままならない状況ですが、打破するには病院に行くしかありません。気合と根性で病院に向かいます。時間がたって思ったことは「なぜタクシーを呼ばないのか」
前十字靭帯・半月板損傷の診断
主治医がいる病院にMRIを見せにいき、やはり靭帯を痛めている診断となりました。本当に悔しくて悔しくて。もう上を目指せないのはわかっています。人生最大の大泣きをしてしまいました。
復帰に向けてのリハビリ開始(手術前)
前十字靭帯と半月板損傷の診断をされても、「まだ何とかなる!」と勝手に思い込んでリハビリの開始です。無理だとはわかっていてもどうしても諦めきれません。できることなら手術もしたくないし…
2度目のロッキング〜手術を決めるまで
前十字靭帯と半月板を負傷し、手術しないで復帰したいと思っていましたが、厳しいかなとも思っていましたが、早々に100%断念せざるを得ない状況になってしまいます。あの地獄の苦しみ、ロッキングです。
関東労災病院に前十字靭帯手術に向けて初通院!
手術することを決め、先生に紹介状を書いてもらい手術のできる関東労災病院に行きます。行ったらすぐに手術の段取りと初めての病院での手術に向けたリハビリ開始です。日々の継続が苦手な私ですが、大丈夫でしょうか
入院1週間前検診
いよいよ入院1週間前、前十字靭帯の手術に関する検診を行います。血液検査と、装具サイズ調整、手術を行うまでの筋トレの指導があります。筋トレはケガをすると筋肉が急激に衰えますので必須事項です。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ