バスケットボール復帰に向けての本格練習開始

バスケットボール復帰に向けての本格練習開始

復帰に向けた本格練習開始

スポンサーリンク


 

本日、2017年1月8日です。

 

夜に本年初のバスケットボールをしてきました。
本格復帰に向けての大きな一日です。

 

結果としては・・・

 

 

 

最高のスタートを切ることができました!!

 

年末に行った内容とそんなに変えることはできないかなと思っていましたが、膝の調子は良好でスムーズに動けました。

 

実は開始する前は不安だらけでした

練習に行く前、実は不安だらけです。

 

年末に行ったときは本当に軽くやるつもりだったので不安はなかったですが、今回は違います。

 

今回は「やれるとこまでやってみよう」と意気込んでいたからです。

 

やってみるのはいいけど、また半月板に受傷したら即引退です。崖っぷちです。

 

前十字靭帯にしても同じです。大きな爆弾を抱えてのスタートを切ることになります。
また怪我したらどうしようとか思っていました。

 

更に、最近新しい筋トレ道具を購入していて筋トレも頑張っていたので太ももが筋肉痛なのと、膝の裏にもまだ違和感がありました。

 

そんな中での本格練習ですから不安も当然ですよね。

 

準備はできた。後はやるだけ

先日に購入した膝用サポーターを装着して、新しいバッシュも履いて心機一転です。
新しいバッシュとサポーター
準備運動もしっかり行い後はプレイするだけです。

 

シュートタッチは最初は全くボールが手に着かず、3ポイントシュートは全く届きませんでしたが、何本か打てば以前とそんな変わらず打てているような気がしました。

 

走りは順調でした。ストップもしっかり止まれるし急なダッシュもしっかり膝がついてきました。

 

試合形式も何とかいけるような気がしました。

 

いよいよ試合形式の練習へ

そんなこんなでいよいよ試合形式です。

 

普段でしたらチームで一番身長が高いのでジャンパーですが、とりあえずはほかの人にやってもらいます。

 

始まってしまえばあっという間でした。

 

しっかり右足を使って踏み込みもできます。ジャンプもできます。人を抜くこともできます。

 

前十字靭帯術後の時とは明らかに違う感触です。もう少しできそう、まだいけそうという感覚で感情がいっぱいになりました。

 

結構激しい動きにも私の右膝はついてきてくれます。右足を軸にしたターンシュートも不安なくこなせました。

 

見違えるような動きです。周りも心配してくれていましたし驚いていました。
しかし、自分自身が一番驚いているのは間違いありませんでした。

 

正直、ここまで動けるとは思っていませんでしたからね。

 

接触プレイはさすがに控えめにしましたが、軽い接触には全く動じません。多分ですが、強めの接触プレイにも耐えられるでしょう。
問題を挙げるならば、見えている接触なら耐えられると思いますが、不意を突かれたとき、膝がもってくれるかは少し不安があります。

 

ですが、1年半ぶりの本格練習にしては体も軽く、動きも忘れていませんし完全復帰も目前かなと期待を持てる内容でした。

スポンサーリンク


克服しなければいけない2つの課題

結構激しい動きをしてみて、何とかしなければいけない課題が2つほど出てきました。

 

1. 接触プレイ

前十字靭帯の時も、半月板の時も、ケガをした要因は接触プレイのジャンプ着地の時です。

 

この時の恐怖感を取り除くのはなかなか難儀なことです。

 

今回の練習時、意図的にゴール下にはあまり行かないようにしましたが、たまたまゴール下にいるときにルーズボールが飛んでくるとやはり恐怖を感じてしまいます。
正直、ジャンプしたくありません。

 

接触プレイして無理な体勢になり再々受傷なんてシャレになりませんが、私のポジション的に接触プレイは避けて通れません。

 

この恐怖感を取り除くこと、そのための筋力強化は今後も最重要課題になりそうです。

 

2. スタミナ不足

本格練習をしたのは20時頃から本日は21時過ぎまです。
ケガをする前はなんてことなかったのですが、本日は…

 

致命的なスタミナ不足です。最後の方は割とヘロヘロになっていました。
本格練習は久々なので仕方ないと言えばそうなのですが、それにしてもですね。

 

結構走っていたつもりでしたが、やはり実戦は違いますね。

 

このスタミナ不足をどうにかしないと復帰しても使い物になりません。
走り込みと実践練習を積み重ねて取り戻さないといけません。

 

練習後の様子

今、これを書いているときもそうなのですが、体中がバキバキです。
筋肉痛間違いありません。

 

全身がけだるいです。下半身は重点的に鍛えていたので大丈夫ですが、全然鍛えていなかった上半身が変な感じです。
肩から腕にかけて痛み、背中も背筋から腰にかけてだるさがあります。

 

どんだけなまっているんだ!って感じです。

 

これが体中の錆というやつですね。
この錆も早く落としていきたいものです。

 

上半身の筋トレも導入しなければいけませんね・・・

 

まだまだ先は長いなぁ・・・

 

スポンサーリンク


頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

 

 

前のページ
バスケットボール完全復帰を目指して(カテゴリ)

 

 

次のページ-
膝の裏が痛いので調べてみた結果

 

 

 

 

 

知識集へ

(前十字靭帯損傷・半月板損傷・入院に関する知識を書いています。)

前十字靭帯・半月板損傷に関する知識集

おすすめ記事

膝 受傷,バスケットボール 復帰,バスケットボール 練習

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

膝 受傷,バスケットボール 復帰,バスケットボール 練習

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

膝 受傷,バスケットボール 復帰,バスケットボール 練習

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

バスケットボール本格復帰に向けての準備
2017年に入り、バスケットボール本格復帰に向けての準備を始めます。現在行っている筋トレ、練習に向けての準備をしました。次の日曜日はいよいよ本格練習参加です。
膝の裏が痛いので調べてみた結果
膝の裏に違和感があったのですが、練習から数日、痛くなりました。手術した足で気になったので調べてみました。すんなりと原因と対象方法がわかりましたので報告します。
バスケットの練習に行ってきました
2017年1月16日です。バスケットの練習に行ってきました。順調にやっていますが、まだ恐怖感はぬぐえませんが、順調に膝は回復しているような気がします。
深刻な練習不足が露呈し、明確になった2つの課題
1月22日、バスケの練習です。知り合いがチームを引き連れて練習に来てくれました。結果は散々でしたが大きな課題を突き付けてくれました、自分にとっては大きなプラスですね。いつか見返してやります。
体重を測ってみたら激増していた件について
久しぶりに体重を測ってみたら…激増していました。ケガする前より5キロも増えています。まずいです。無駄についた脂肪は取り除かなければいけません。どんどん課題が増えていきます。
重心が高すぎてうまく体を使えていませんでした
考えてバスケットボールをプレイをしていたら、ケガする前と今では決定的な違いがありました。重心の高さです、棒立ちで相手と接触してしまえば負けるのは当然です。この時期に気づけたことは大きな収穫でした。
よくわからないページになってしまいました。
うまく考えがまとまらず、よくわからないページになってしまいました。すぐに次のページのリンクを貼っておきますのであれでしたら飛ばしてください(笑)感情があふれるままの内容です。
現在やっている筋トレと腕立て伏せの仕方
腕立て伏せを1日で数百回もこなせる人ってすごいですよね。本当にやっているのでしょうか。腕立て伏せのやり方をレクチャーさせていただきます。このやり方で本当に100回できますか?
手術をしてから順調にスポーツ復帰に近づいています
今年に入りもう2月です。本格練習を始めてほぼ一か月、かなり調子が上がってきました。以前の不安なんてなんのその、自分に課題を与え、それを克服するために頑張れば復帰への最短距離になります。
いよいよ3月です。バスケ復帰の月がやってきました。
このブログを書いて目標に掲げていた試合復帰が目前に迫ってきました。できるレベルはまだ低いものの、周りに混ざって違和感なくプレイができるようになっています。後半までにある程度作って試合に臨めるようにします。
バスケット復帰の日
ついにバスケットボールの復活を果たすときがやってきました。いろいろな不安もありますが、無事に他のチームと試合を終えることができました。今後何が待っているかはわかりませんが、とりあえずは安堵しています。
バスケット復帰からの再度半月板受傷の疑い
バスケットに復帰できたことを喜んでいるのもつかの間です、深刻な体力不足が露呈されています。これは実戦練習を積んでいくしかないと持っている矢先、再度あの感触に襲われてしまいます。私の半月板はもうだめなのでしょうか。
手術しないで筋トレを頑張ることにした
2度の半月板の手術後、復帰した矢先にまたロッキングを起こしてしまいました。引退を考えましたが、先輩の激励もあり筋トレを頑張って再々復帰を目指すことに決めました。まとまりのない文章になっています。
筋トレを真面目にやりだしたら時間が無くなった・・・
筋トレを本気でやり始めたのですが、初日に貼りすぎて次の日に歩くのも億劫になってしまいました。できる範囲を決めてやっていきたいと思っています。 筋トレは、1日やって2日くらい空けるのが良いです。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ