手術後1日目で怒られる人はあまりいないかもしれない

手術後1日目で怒られる人はあまりいないかもしれない

前十字靭帯・半月板の手術後1日目

スポンサーリンク


前日に無事に前十字靭帯と半月板の手術を終えて次の日ですが、基本的に一日中安静にしていなければなりません。暇です。
朝に膝に刺さっていたのかどうかはわかりませんが、何かを抜きます。

 

そのあとは一応、松葉づえをついてトイレくらいは行ってもいいのですが、正直今まで松葉づえなんて使ったことがなかったので、今一使いこなせません。なぜか脇の支えから外れるんですよね。
腕の力だけで使おうとするとそうなるみたいです。しっかりと脇で挟み込んで使うのが理想的ですが・・・頭でわかっていてもなかなか苦労しました。

 

なにより、まだ体が衰弱してて、ぼーっとします。
食欲はあるんですけどね。そして、手術のところが痛い!鈍痛は治まることを知りません。なかなかつらいんですよねこれが・・・これがずっと続くのかーとか思うと気が遠くなりそうでした。(実際にはこの日耐えれば常時は痛くなくなります。)

 

そして、やることがありません。
実は私、喫煙者なのですが、入院生活で最も懸念していたのが喫煙でした(笑)もちろん病院は禁煙です。初日、当日の手術前はまだ元気たっだので、敷地外に出て喫煙しに行っちゃいましたけど、手術日はもう衰弱しきってるし、喫煙の余裕もなかったのですが、次の日ともなると、痛みあるものの余裕はあります。なんせ一日やることないですからね。

 

痛いけど喫煙したい衝動が勝ってしまいました。慣れない松葉づえをついて敷地外を目指します・・・途方もない旅でした(笑)しかも、腕にはまだ点滴が刺さっており(一日中)カラカラ(?)をお供に目指していました(笑)
どうにかこうにか敷地外について、至福の時です。

 

ふと点滴を見てみると・・・血が逆流していました。点滴の管が真っ赤です。いや〜結構焦りましたね。点滴をしたのもこの時が人生初でしたので。

 

杖ついて歩くこともしんどかったので、わざわざ来たことを後悔しましたよ・・・しかも、戻らなくちゃいけないし!


めっちゃ怒られました

戻るのもやっとこさ部屋に戻ってくると、まさかの看護婦さんが仁王立ちしてました。あんな絵にかいたような仁王立ちは現実に見たのは初めてでしたね(笑)

 

「どこいってたんですか?」

 

「あ、いや・・・」

 

「どこいってたんですか?」

 

マジ切れじゃないっすか・・・
「ちょっとたばこに・・・」

 

「臭いでわかります。(じゃあ聞かないでよ・・・)なんで行ったんですか!転んだらどうすんの!!」

 

割と本気で怒られました。まぁ、そうですよね。今考えたらよくわかりますよ。その時は耐えられなかったのです。

 

翌日の外出はとても危険です

2017年1月18日追記
わざわざ書かなくてもわかるかもしれませんが、手術翌日は非常に危険です。

 

松葉杖のつき方がまだままならない、そして前日の手術のため体が衰弱しているのか、麻酔がまだ残っているのかは不明ですが意識もぼーっとします。

 

そんな状態で外に出たら危険ですよね。傷口もまだ塞ぎきっておらず、包帯の下に貼ってあるテープが染まっていきます。

 

もし、転んだりしたら一大事です。転んで再断裂・傷口に細菌が入って再手術の可能性もあります。

 

いや、すいませんでした。本当に・・・

 

とりあえず謝ってその場はすんだものの、前日の包帯外し事件といい、今回の術後1日で喫煙事件といい、看護師で見てるリストにはブラック行きが決定しましたね(笑)

 

以後はおとなしくします。

 

それからというもの、担当看護師が日と時間で変わるのですが、変わるたびに上の2事件を突っ込まれました。
中には笑いながら冗談交じりの冷やかしもありましたが、基本的に冷たい感じに「なんで?」みたいな感じです。

 

なんだか・・・突っ込まれる2日間くらい、つらかったです(笑)

 

 

そんなこんなで、その日も終了です。喫煙については次の日以降も行っていましたが、次の日からはリハビリが始まるのでそのついでに行くくらいでした。あとは面会の時くらいで、ほとんど吸いませんでした。念のためカートン(12箱)でもっていっていましたが退院するまでに2箱しか吸えませんでした。何とかなるものですね。

 

このまま禁煙できたらいいなぁ〜とか思いましたが吸ってる時点で無理ですね。

 

この日もベッドにいる間は冷却装置に膝が包まれていました。

 

手術後1日でこんなことをしていますが、結構膝のほうはつらいし、腰のダメージも相当なものです。起き上がるときの痛さや、基本的に寝返りは打てないので、寝るときも腰がつらいです。

 

リハビリが始まれば少しは良くなるかなと期待しつつ、就寝ですね。

 

術後1日目の足

こんな感じでした。
この日は生足は写真撮っていませんでした。
手術後,痛み,喫煙の衝動,喫煙者
足に枕があって、包帯ぐるぐる巻きで、その上に冷却装置がついています。あんまり冷たくなく感じていましたけどね。
さらに、仮の装具で固定しています。動きづらくてしょうがない。。。動かしたら痛いですけど。。。

 

スポンサーリンク


 

 

頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

スポンサーリンク

おすすめ記事

手術後,痛み,喫煙の衝動,喫煙者

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

手術後,痛み,喫煙の衝動,喫煙者

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

手術後,痛み,喫煙の衝動,喫煙者

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

入院当日
ついに前十字靭帯再建術・半月板損傷の縫合の手術です。前日からの入院で、入院初日は手術の説明と今後のスケジュール確認などが主です。明日以降、普通に歩くことはできなくなりますが、この時はあまり実感がわいていませんでした。
手術当日
前十字靭帯再建術・半月板損傷の縫合の手術当日です。手術自体は3時間くらい。想定より半月板の損傷が大きかったらしく、少し長引きました。手術自体の痛みは麻酔の痛みだけでしたが・・・
厳しいリハビリとCPMを開始した手術2日目
何とか1日目を乗り切りましたが、術後二日目からはリハビリが始まります。ここまでも地獄ですが、これからも地獄です。痛い足を引きずりリハビリ室に行くのもきつい中、先生から非常の一言「片松葉で!」
手術3日目でシャワーが浴びれます。
手術後3日目です。やっと手術の痛みが取れて片松葉になったとはいえ、完全に右足を着くときは松葉づえに頼らないと歩けません。本日は嬉しいことにシャワーが解禁になりました!
手術後4日目
4日目です。この日は日曜日でリハビリもありません。1日何もできない状態っていうのはなかなかどうして・・・なにもできない苦悩の日です。そんな中、面会時間中にはお得意先や友達などが会いに来てくれました。
手術後5日目 リハビリがある日は一日があっという間に終わる
前十字靭帯・半月板の手術から5日目です。月曜日なのでリハビリがあります。まだ5日目…先は長いですね。リハビリがある日は一日が早いですね。終わったら夕方になっています。
手術後6,7日目
前十字靭帯・半月板の手術から6日目と7日目です。同じような1日を過ごしたのでまとめてしまいました。入院中の生活となんで術後は包帯を巻かなければいけないのか。書いてみました。
前十字靭帯手術でかかる費用と私生活を行う準備
前十字靭帯・半月板の手術から8日目、入院9日目で退院です。退院の手順はかなり面倒ですが、一連の流れを書いてみました。そして、私生活の準備をしなければいけません。早めにしとけばよかった・・・

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ