右膝前十字靭帯、または半月板損傷の疑い

右膝前十字靭帯、または半月板損傷の疑い

右膝前十字靭帯、または半月板損傷の疑い

スポンサーリンク


 

痛みと不安でなかなか寝付けない間に次の日の起きる時間になってしまっていました。
もう動かなくてはいけない時間になっていたのですが、無理です。とても出社できる状態ではありません。

 

まず、歩けないのですからね。朝に病院に行く決意をしました。会社に電話して休む旨を伝えました。
その後、近くで評判のいい整形外科があったのでそこに行くことにしたのです。

 

が、行くことにしたのはいいのですが、いけるのか?

 

歩くことはもちろん、立ち上がるのもつらいです。少し地面に右足がつくと膝に激痛が走ります。

 

それでも病院に行かなくては何も始まらないので気合で電車と徒歩で行くことにしました。
(どうしても動けないなら救急車とかタクシーとか手はあったはずだったのですが、その時はなぜか選択肢には『気合で行く』しかなかったです)

 

病院への長い道のり

私が住んでいるところの2階でして、最初の難関は家のドアからすぐの階段でした。いつもより段数が多く、急に見えます。
手すりを使いながらケンケンで降りたのですが、その衝撃で膝が痛むし、降り終わったころには早くも左足がきつかったですし、息も上がってました。。

 

前途多難すぎますよね(笑)

 

思いっきり足を引きずりながら歩いていると、周りの人がものすごい心配そうな顔でこちらを見てきます。恥ずかしいですが仕方ありません。

 

歩いて5分くらいの駅まで行くのに30分かかりました(笑)6月でしたがもう汗だくです。

 

電車で一駅乗っている間に少し休憩し、また歩き出します。

 

やっぱりじろじろ見られるので恥ずかしくて仕方ありません。

 

駅前のクリニックに何とかたどり着いて診察を受けることができました。
最初の先生の一言が印象的でした。
「さっきそこ(駅前)歩いていたでしょ?ものすごい足引きずってて辛そうだなぁ〜と思ったよ。君だった!来てくれてよかった!」

最初に助けてよ先生・・・

 

病院での診察

患部の右ひざを見たとき、「これはひどいね。よくここまでこれたね。大丈夫!腫れと痛みはすぐとれるから!」と力強い言葉をもらった時は安心しましたが、出てきたのはでっかい注射です。

 

説明を聞いたところ、処置としては、注射(通常より太い)でまず膝にたまった液を抜いて、そのあとに任意で薬を入れる。ということでした。
任意ってのはその言葉通りで、炎症が消えて楽になるけど、かなり太い注射なので刺すときは痛いのでどうしましょうということです。

 

今までの時間の苦しみを考えるとどう考えても打ってもらったほうがいいので注射をお願いしました。

 

かなり痛いぶっとい注射

かなり膝に液体が溜まっていたらしく、結構大きい空の注射が2本いっぱいになりました。その色は真っ赤です。
そのあとに謎の液体(薬です)を入れられました。先生の言葉通り、部位も関係していると思いますが、かなり痛かったです。

膝にたまった液について

これは関節液といって、関節をスムーズに動かす潤滑油のような働きをしますが、膝の組織に炎症が起こると過剰に分泌され、「膝に水がたまる」状態となります。
通常、色は半透明でドロッとしているのですが、出血がある場合赤く染まり、水気が強くなります。

 

ロッキング解除

そのあと、ロッキングした膝を元に戻す施術があるのですが、びっくりしました。
「じゃあ、力抜いてねーー」と言われて、次の瞬間、
痛めた足をかかとから持ち上げ、膝に手を添えて「えいっ!」とまっすぐに伸ばしたのです。
痛みは全くありませんでしたが、「ゴリ」という嫌な音がして、ロッキングが解除されたのです。

 

先生は手慣れた様子でやっていたので何度もやっているのでしょうが、初めてやってもらった自分としては驚愕でしたね。「ちょ、何やってんの!」って心から思いました。

 

そのあとの説明で、
注射で抜き取った液は、通常だと半透明の液だそうでで、これが赤く染まっているということはどこかが損傷して出血している証拠。
前十字靭帯、または半月板が損傷している可能性が極めて高いそうです。

 

それだけでもショックでした。が、詳細はMRIを撮ってみないとわからないそうで、さらにクリニックにはMRIはおいていないので、後日違うMRIの設備があるクリニックで撮って再度診断してもらうことになりました。

 

足のほうはというと、本当に先生の言葉通りで、診察が終わるころには多少引きずるものの、歩けるようになりました。

 

歩ける素晴らしさを感じました。つい数十分前までは足をつくのもつらかったの今は歩けるのです。
この時ほど、ドクターってすごいんだな!って思ったことはありませんね。


MRI検査

それから数日後にMRIを撮りました。場所は通っている病院から少し離れた、電車で5つくらい行ったところです。
このころにはもうほぼ普通に歩けるようにはなっていました。
「これはもしかしたら切れていないんじゃ?」とか淡い期待を抱いていましたが・・・まぁ、それはないでしょう。

 

撮影はすぐ終わるかのと思っていたんですが、結構時間かかるんですね。『ゴーーー』って大きな音のする中、40分くらいじっとしていました。(ちょっとすると音にも慣れてほぼ寝ていましたが)

 

MRIをとったところで、そこのクリニックの先生にも診てもらうのですが、
「主治医じゃないから、アドバイス的な感覚で聞いてほしいんだけど、前十字靭帯が切れてます。」

 

いや、切れてるっていってるじゃねーか!

 

みると、健全な前十字靭帯はMRIで見るとはっきりと靭帯のラインが見えるのですが、私のはもやもやしていました。

 

その時のMRI画像です
前十字靭帯 断裂,前十字靭帯 損傷,歩けない
見てもよくわかりませんが、膝のMRIです。
骨のつなぎ目の筋があるでしょう?それが前十字靭帯です。これが本当はくっきりと出てないとだめなのですが、この画像はぼんやりとしていますよね?靭帯が緩んでいて、機能していないそうです。
靭帯が損傷・断裂しているときにこういった写り方になるそうです。

 

もうショック続きで言葉も出ないですが、次の日、気が重たい中主治医のいるクリニックにそのMRI画像を見せに行きました・・・

 

スポンサーリンク


頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

スポンサーリンク

おすすめ記事

前十字靭帯 断裂,前十字靭帯 損傷,歩けない

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

前十字靭帯 断裂,前十字靭帯 損傷,歩けない

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

前十字靭帯 断裂,前十字靭帯 損傷,歩けない

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

悪夢の日 右足前十字靭帯損傷と半月板損傷
前十字靭帯損傷と半月板損傷のケガを負った当日のお話です。靭帯損傷と半月板損傷当日ってそこまで大きな痛みはないんですね。歩けないくらいですけど、捻挫とかと大差ないです。次の日から地獄ですけど。
前十字靭帯・半月板損傷の診断
主治医がいる病院にMRIを見せにいき、やはり靭帯を痛めている診断となりました。本当に悔しくて悔しくて。もう上を目指せないのはわかっています。人生最大の大泣きをしてしまいました。
復帰に向けてのリハビリ開始(手術前)
前十字靭帯と半月板損傷の診断をされても、「まだ何とかなる!」と勝手に思い込んでリハビリの開始です。無理だとはわかっていてもどうしても諦めきれません。できることなら手術もしたくないし…
2度目のロッキング〜手術を決めるまで
前十字靭帯と半月板を負傷し、手術しないで復帰したいと思っていましたが、厳しいかなとも思っていましたが、早々に100%断念せざるを得ない状況になってしまいます。あの地獄の苦しみ、ロッキングです。
関東労災病院に前十字靭帯手術に向けて初通院!
手術することを決め、先生に紹介状を書いてもらい手術のできる関東労災病院に行きます。行ったらすぐに手術の段取りと初めての病院での手術に向けたリハビリ開始です。日々の継続が苦手な私ですが、大丈夫でしょうか
入院1週間前検診
いよいよ入院1週間前、前十字靭帯の手術に関する検診を行います。血液検査と、装具サイズ調整、手術を行うまでの筋トレの指導があります。筋トレはケガをすると筋肉が急激に衰えますので必須事項です。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ