前十字靭帯を手術する前にリハビリをしなければいけない理由とは

前十字靭帯を手術する前にリハビリをしなければいけない理由とは

前十字靭帯を手術する前にリハビリをする理由とは

前十字靭帯を損傷してしまった時のリハビリはそのほとんどが筋力トレーニングとなります。

 

手術前、手術後ともに筋力を取り戻す作業です。

 

受傷直後や手術直後は激しく炎症を起こしているのでその回復が先となります。
炎症が引いてくると筋力トレーニングと可動域を広げる訓練となります。


スポンサーリンク




受傷後のリハビリの目標
目標1. 正座ができるようになる事
目標2. できる限りの筋力強化

 

手術前にリハビリを行う理由

手術前になんでリハビリを行わなければならないのか。手術したらまたやり直すことになるんでしょ?
と思う人も多いかと思います。実際、私もそう思っていました。

 

受傷後、筋肉は著しく低下し、可動域の制限も伴います。全く正座なんてできる気がしません。足が見るからに弱々しく細くなります。

 

このままでも手術はできますが、手術した後、回復具合がリハビリをしていたのとしていないのでは全然違いました。

 

私と同じ日に手術をした人がいて、その人は受傷後、ほとんどリハビリは行わなかったそうです。

 

患足は細くなっているのはもちろんですが、歩きだしも遅かったですし、杖なし歩行の練習も非常に苦労している様子でした。

 

結局その方は私が退院するときもリハビリの時こそギリギリ歩けていましたが、それ以外の時は両松葉(松葉杖を2本使っての歩行)で歩いていました。

 

それほどまでにリハビリをするのとしないのでは回復の差が出てしまいます。

 

 

手術前にもリハビリが必要なことは理解していただけたかと思います。

 

目標に向けてのリハビリ内容

最初に掲げた目標に向かい、どんなリハビリが必要なのかを説明します。

 

目標1. 正座ができるようにするためにはリハビリが必要なのか

手術前の段階でしたら割と早くできるようになると思います。カチカチに固まっていてもすぐにできるようになります。

 

手術後にも嫌というほどやることになりますが、座った状態で足を伸ばし、かかとをつけた状態で手で膝を持ち上げます。
必然的にかかとが自分のほうへ引き寄せられますよね?
それで、少し痛みが出てくるところまでかかとを引き寄せてください。

 

限界のところまで来たら数秒その状態をキープして、元の位置に戻します。元の位置に戻したら今度は膝を軽く地面に向けて押してください。
それも少し痛みが出るところで数秒止めます。

 

この膝の曲げ伸ばしを10分を3セットやります。
これだけでかなり膝は柔らかくなります。

 

そして、両足を伸ばした状態で左右の長さに差がわかるくらいだと完全に患足が伸びきっていません。
これも矯正しなければいけません。

 

数キロ(1〜2キロ)の重りを膝の上に乗せて仰向けで寝ます。その状態で10分静止してください。
これでほぼ変わらない状態まで伸ばすことができます。

 

数日間同じことをすればすぐに正座できるようになります。

 

目標2. 筋力強化のためのリハビリ

ひたすら筋力強化です。受傷で細くなってしまった筋肉を思いっきり鍛えてください。
このときに私は2キロのアンクルウエイトを購入しました。
アンクルウエイトは手術した後もかなりお世話になる道具です。ぜひ購入しておきましょう。
特にサイズなどはありませんのでネット購入をお勧めします。

 

アンクルウエイトを患足に装着しての足上げと、ダンベルを持ってのスクワット等、普通に筋トレをするような感覚でリハビリを行ってください。

 

ただ一つ注意点として、スクワットはハーフスクワットまでです。深く曲げすぎは手術前の段階でも膝によくありません。
ゆっくりと半分くらいまで膝を曲げるところで止まり、そしてゆっくりと引き上げてください。

 

患足ではないほうの足の筋力と同じくらいまでの太さに取り戻せれば一番いいですが、なかなかそこまで短期間で戻すのは難しいかと思います。
できる範囲で頑張りましょう。




手術をしない場合のリハビリ

もし、手術はしない予定でも、ここまではやることは変わりません。

 

膝の可動域が十分になってきたら次に動きの練習を行います。
走り、横の動き、前後の動きです。

 

走り

ただのランニングです。走るという動作でいかに膝が使われているかわかります。
正しい姿勢で走るようにしてください。

 

横の動き

最初はその場で足を広げ、ゆっくりと片足に重心を動かします。
慣れてきたら軽い反復横跳びを行います。

 

縦の動き

最初はその場で前後に足を広げ、ゆっくりと片足に重心を動かします。

 

動きの練習は正しい姿勢で行うようにします。変な姿勢で行ってしまうといざ運動を始めたときに膝崩れのリスクが高まります。

 

すべての動きの練習を十分に行ったら実戦的な練習を徐々に行うようにします。

 

やはり前十字靭帯損傷は手術をお勧めします

ただ、どれだけ鍛えても膝崩れリスクがなくなることはありません。

 

装具を必ず着用し、その中でも過度な動きは厳禁となりますのでご注意を。

 

本気でスポーツ復帰を望んでいるのでしたら手術をお勧めします。
前十字靭帯は自然治癒はしませんのでどれだけ頑張っても今まで通りに動けるようになるのは不可能です。

 

ここまで頑張れるのでしたら手術してからも頑張れるはずですので。


スポンサーサイト



頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

おすすめ記事

手術前 リハビリ,手術 リハビリ,前十字靭帯 リハビリ

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

手術前 リハビリ,手術 リハビリ,前十字靭帯 リハビリ

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

手術前 リハビリ,手術 リハビリ,前十字靭帯 リハビリ

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

前十字靭帯の働きと重要性とは?損傷するとどうなる?
スポーツ選手の長期離脱の原因でよく聞く前十字靭帯ですが、実際どんな働きをしていてその重要性はよくわからない方も多いと思います。そして損傷するとどうなるか、解説していきます。
半月板の働きと重要性とは?損傷するとどうなる?
半月板は膝の運動時に安定させる役割とクッションの役割を担っています。その半月板が損傷してしまった場合、どのような症状が現れるのでしょうか。詳しく体験談も交え解説していきます。
前十字靭帯損傷時の2つの治療方法
前十字靭帯が損傷してしまった場合の治療方法は2つに1つです。その2つを紹介させていただきます。 どちらもつらいリハビリがついてきますが、過程と回復に違いがあります。
入院するときに必要なもの21選!
入院のときに必要になるものって初めて入院するときは悩みますよね。必要な物21項目をまとめてみました。悩んだときは参考にしていただければと思います。
前十字靭帯再建術後の痛みの強さとリハビリ内容
前十字靭帯再建術直後の痛みの強さは相当なものです。私なりに書いてみました。前十字靭帯手術直後のリハビリも痛みに耐えながらやらなければいけません。内容を書いていきます。
包帯の3つの重要な意味と膝の包帯の巻き方を写真付きで解説
包帯の巻く意味をご存知でしょうか。詳しくみてみると、3つの重要な意味があります。さらに巻き方にもちょっとしたコツがあります。画像付きで解説していますので、参考にしてください。
前十字靭帯・半月板手術の費用
前十字靭帯と半月板の手術にかかる費用を説明しています。限度額適用認定を申請していないと3割負担でも結構な金額を請求されてしまいます。その金額も実体験を含めて載せています。
前十字靭帯再建術から復帰までの期間
前十字靭帯再建術を行ったとき、復帰までの期間はどれくらいかかるのでしょうか。リハビリ内容とその時期など、大まかなスケジュールをお答えします。
半月板の手術からリハビリと復帰までの期間
半月板の手術を行ったとき、復帰までの期間はどれくらいなのでしょうか。それは手術の内容、半月板を残すか除去するかで期間が変わってきます。それぞれ、説明させていただきます。
半月板や前十字靭帯を損傷したときの筋力低下
半月板は前十字靭帯を損傷したとき、筋力は15%〜50%も低下します。このまま復帰しても待っているのは再受傷の恐怖です。具体的な体験も含め、筋力計測についてお話します。
前十字靭帯再建術後の生活における服装の注意点
前十字靭帯再建術後の生活には危険がたくさんあります。その危険を少しでも回避するために装具の装着は必須ですが、装着すると服装にもかなり制限が出てきてしまいます。
前十字靭帯再建術後の抜釘(ばってい)は必要なのか?
前十字靭帯再建術後はひざ下にボルトが埋め込まれています。このボルトを抜くことを抜釘(ばってい)と言いますが、抜釘の手術は必要なのでしょうか?また、抜釘するときの費用はどれくらいなのかを書いてみました。
リハビリが痛くてもやらなければいけない理由とは?
つらいリハビリは痛くても続けなければいけません。なぜでしょうか?痛いことをなんでわざわざしなければいけないのでしょうか?また悪くなってしまうかもしれません。そんな疑問にお答えします。
手術後と入院中にタバコは吸えるのか?
手術後や入院中でも喫煙者はタバコが吸いたくなります。入院の手引きには喫煙については曖昧な書き方をされています。実際に入院した身として、そんな疑問に答えたいと思います。
リハビリのモチベーションを保つたった3つの方法
手術後のリハビリは長い時間がかかります。長い期間、モチベーションを保ち続けるのは難しいですが、ここで紹介することをやってもらえればモチベーションを保ち続けることができるでしょう。
【半月板損傷】保存療法が行える4つの条件
半月板を損傷したとき、手術療法と保存療法をどちらにするか選択しなければいけません。できたら手術をしたくない人が多いかもしれませんが、保存療法をするにはいくつかの条件があります。
膝のケガを予防する方法をケガをした人が話してみる
膝のケガはケガをしていない人から見ればなんてことないかもしれませんが、実際経験すると絶望感でいっぱいです。できる事ならそんな経験はしたくありません。ここに膝のケガを予防できることを書いていきます。
前十字靭帯術後、退院してからの外出の不安と危険
無事に前十字靭帯の手術を終え退院していよいよ私生活を始めるにあたり、誰もが感じる不安があります。それは「歩くこと」です。歩くことの不安感と、注意すべき事を書いてみました。
半月板除去手術をした時の症状を解説します。
できる事なら選びたくない半月板除去手術ですが、具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。余儀なくされてしまった場合の対処法も載せております。スポーツ復帰もできますが、リスクがあります。
退院後の痛みのケアは非常に重要です
入院中よりも退院後の方が痛みのケアが重要になります。安全なところでほぼ寝たきりの病院と、どうしても生活のために動かなければいけない退院後では膝の負担が段違いに増えてしまうからです。ケアを怠らないようにしましょう
体重管理は膝の受傷リスクに大きく影響する
体重は膝の負担に大きく影響します。体重が10kg重くなれば膝の負担は30kg〜70kg増える計算です。半月板が耐えられなくなり、受傷してしまうリスクが上がりますので、体重管理はしっかりするようにしましょう。
入院するときはクレジットカードを持っておいた方がいい理由
前十字靭帯や半月板を手術して、退院するときに結構大きな金額を請求されます。入院するときから大金を所持するのは盗難リスクがあるためお勧めできません。クレジットカードがあれば大金を持っていなくても支払いをすますことができます。
傷跡を目立たなくする3つの方法
手術をした時、傷跡はどうしても残ってしまいます。その傷跡の濃さは人によってそれぞれですが、傷跡を目立たなくする方法はいくつかあります。その中で3つの方法をこちらに書いてみました。
膝に受傷したときに役立つアイテム紹介
前十字靭帯や半月板にケガを負ってしまった時に役立つリハビリアイテムや役に立つものをを紹介させていただきます。手術後は動くのもつらいので出来たら手術前に揃えておきたい物です。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ