手術前日はやっぱりやれることがありません。

手術前日(入院日) その2

手術前日のリアルな記録

スポンサーリンク


前回、入院日の事を書きましたが、ファイル漁ってたらその時に書いていたものを発見したのでほとんどそのまま載せてみます。
内容的には前回とほとんど変わらないので興味なければ飛ばしてください。

 

前のページ
手術前日(入院日) その1

 

次のページ

2回目(半月板の)の手術日

 

以下がその記録です。

 

2016年6月30日(木)入院
どうも!S−エスです。
MIRによる診断の結果、半月板が怪しい(2か所)との診断を受け、とうとうこの日から手術のため入院の日がやってきてしまいました。場所は前回と同じく関東労災病院です。

 

正直いって、気分は良くありません。前回手術して、完全復帰して明らかにけがをしてしまったのならまだ納得がいくかもしれませんが、まだそのレベルではありませんでしたので。。。

 

ただ、治さないと復帰できないし・・・

 

「またあの注射するのかー」とか、「手術後体きついんだよなー」とか、「本当に治るのかなー」とかネガティブが止まりませんよね(笑)
あの注射とは、腰椎麻酔のことです。

 

背中に針をぶっ刺されて背骨に麻酔を入れるのか?よくわかりませんが、痛みはあまりないものの、かなり嫌な感じがします。
できる事なら手術なんて経験、あまりやりたくないですよね。しかも、前回手術から1年たってないんですもの!

 

四の五の言ってもらちがあきません。当日は9時過ぎに病院で入院の手続きをします。

 

手続きは早いものでした。手続き完了後、病室へ向かいます。

 

病院に入ってから病室につくまでの所要時間はたぶん1時間もかかってないかと思います。

 

10時過ぎには病室について、荷物を整理したりしていると間もなく看護師が現れ、入院期間中の主なスケジュールを説明されます。

 

説明はされたものの、1年以内の再入院なので、入院生活についてはかなり省略された説明でした。

 

前回、いろいろと問題起こしたことは記録されてないんですかね?てっきり看護師のブラックリスト的なものに乗っているかと思っていましたが・・・(笑)

 

手術の箇所は半月板で、新規に怪しいところができていたのでそれを内視鏡で確認し、必要であれば削ること、さらに前回手術したところが再損傷していれば、その時に再縫合か半月板切除の選択をして実行する。

 

というものです。「たぶん、新しくできたところを削って終わりでしょう!前回前十字靭帯と半月板の手術をしているんですから楽勝ですよ!」
と励ましてくれた看護師さんの言葉は本当心強かったです。

 

手術してからですが、リハビリは必要であればありますけど、半月板を削るだけならないかもしれません。とのことでした。
え?マジで?リハビリつらいからやりたくはないけど、ないならないで暇すぎますよね?(笑)退院も早ければ火曜日くらいには…とか言ってるし・・・半月板を少し削るだけ
でしたら本当にうれしいですね。

 

手術後次の日には普通に歩けちゃうようですし、本当、それだけの手術であるように祈っています。

 

検温と血圧も測定するのですが、37,4度で血圧も135くらいとかなり高めでした。
あれ?やばくね?とも思いましたが、問題なくいけました(笑)

 

血圧の高さにはびっくりしましたが、夜に計ったときは120台前半になっていましたよ。たぶん、多少緊張していたのだと思います。

 

体温はこんなもんです。普通の人からすると高すぎだと思うでしょうが、私の平熱は37度前後なので、歩いたりすればすぐにこのくらいの体温になりますので(笑)

 

 


お昼ご飯が病院食で準備されましたけど、その時はまだ元気でしたし、一緒に来てくれていた人もいたのでその人と一緒に外食することにしました。・・・外食といっても病院内のレストランです(笑)

 

昼食後、ちょっと入院中に必要なものでまだ持っていなかった物を近くのドラッグストアに買いに行っちゃいました。
腕に入院の印のリストバンドが巻かれているのできっと周りの人は気づくでしょうね(笑)
本当はダメだと思います。真似してはいけません。

 

そして、買ったものとは・・・
禁煙パイポ・歯磨きセット・箱ティッシュ・石鹸です。
すべて病院内の売店に売っていますが、価格的に見てもドラッグ行ったほうが安いかと思います。

 

前回入院した時は手術前日にリハビリがあり、今回もあるのかと思っていましたが、このときはありませんでした。
半月板単体の時はやらないんですかね?
この日は本当に暇でした。やることがありません。買い物を済まして、部屋に戻って・・・やることがないのでまた喫茶店に行って・・・

 

夕方前に一緒に来てくれた人と、途中から来てくれた実家の家族もかえって行きました。本とかPC開いたりで時間をつぶしてひたすら時間がたつのを願っていました。

 

次の日の朝一で私は手術です。前日の21時から食べ物は禁止になります。ですので、20時くらいに腹いっぱいにしておきました(笑)

 

この日はまだ普通に歩けますし、正座もできます。普通に生活している分には何も問題がないレベルなので、この病院という自由の利かない時間が非常につらかったですね。

 

スポンサーリンク


頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

 

 

前のページ
手術前日(入院日) その1

 

次のページ-

2回目(半月板の)の手術日

 

 

 

 

知識集へ

(前十字靭帯損傷・半月板損傷・入院に関する知識を書いています。)

前十字靭帯・半月板損傷に関する知識集

スポンサーリンク

おすすめ記事

半月板,半月板手術,前日,暇

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

半月板,半月板手術,前日,暇

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

半月板,半月板手術,前日,暇

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

手術前日(入院日) その1
検査も無事に終わり手術前日からの入院です。特にやることもなく暇なときです。元気ですしね。ある意味一番つらいかもしれません。なぜか手術前に見舞いに来てくれる人もいて嬉しかったです。
2回目(半月板)の手術日〜手術まで〜
いよいよ2回目の半月板の手術です。これも入院中に書いていたものをほぼそのまま載せてみます。かなり中途半端なとこで終わっていますが・・・次からは退院後に書いているので笑
2回目(半月板)の手術日〜再縫合〜
2度目の半月板の手術その2です。いよいよ半月板再縫合と抜釘手術が開始されました。麻酔で寝てはいないものの、意識は朦朧としていますが、半月板を除去するか再縫合するか、選択を迫られます。
2回目(半月板)の手術日〜抜釘〜
2度目の半月板の手術その3です。こんなに長くなる予定ではなかったのですが、3までいってしまいました。今度は前十字靭帯手術のときに埋めたボルトの抜釘です。
半月板の手術後はお腹がすきます。手術後〜
2度目の半月板の手術その4です。こんなに長くなってしまいました。手術が無事に終わりましたが、まだ昼前です。結構お腹がすきます。痛みがだんだん強くなってきます。
とにかく痛みがひどい半月板の手術翌日
2度目の半月板の手術翌日です。とにかく痛みが激しいです。歩く練習をしてくださいといわれますが、正直それどころではありません。しかしリハビリは始まります。もう死に物狂いで頑張るしかありません。
プチ包帯の巻き方講座 手術3日目
2度目の半月板の手術2日目です。膝の状態は前日よりは痛みが引いてきたような感じです。3日目でシャワーが浴びられるようになります。特に何も変化はありませんが、着実に治っていってる気がします。あと、包帯の巻き方も簡単に載せてます。
患部にガムテープを落とされる手術4日目 退院日決定です。
2度目の半月板の手術4日目です。順調に回復しているはずですが、ふくらはぎの痛みが増大してきます。そして看護師に患部へガムテープを落とされて悶絶します。ひどい一日でしたが、退院日が決定して少し良い日になりました。
退院までの手順は面倒です。2度目の手術6日目
2度目の半月板の手術6日目です。ついに退院です。前回よりも期間は短かったです。内容も前回と比較すればなんてことのない内容でしたが、痛みの程度はもしかしたら前回を超えているかもしれません。
退院日 ふくらはぎの痛みが強くなってきました。
2度目の半月板の手術を終え、無事に退院することができました。ふくらはぎの痛みがどんどん増していきます。不安も大きくなりますが大丈夫なのでしょうか。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ