ロキソニンがふくらはぎの痛みにも効きました

リハビリは痛くてもやらなくてはいけない

退院1週間後の検診とリハビリ

スポンサーリンク


 

退院から一週間後、最初の検診があります。このころには何もしていなければふくらはぎの上部は痛くなりませんが、病院まで遠出をするのは初めてです。
病院までの道のりは果てしなく長いです。

 

その時の痛み方は退院直後の痛みに似ています。立っているとズンズン足が重くなる感じで、太ももを上げて膝が直角くらいの高さまで上げると例の痛みが襲ってきます。

 

ですので、歩くときは慎重に歩かざるをえません。階段も厳禁です。

 

痛くてどうしようもなくなった時用に包帯も持っていくことにします。

 

そして、松葉づえも返却のために持っていきます。普通に歩く時でしたら膝の痛み自体はないためです。
何度も言いますが、歩ける状態になると杖は邪魔ですしね(笑)

 

電車にも乗りますが、杖をついて歩いていると積極的に席を譲ってくれますので助かりますよね。
申し訳ない気もしますが、そこはお言葉に甘えます。

 

電車を降りると短い距離ですが関東労災病院まで歩きになります。

 

この歩きで少し私のふくらはぎに変化が訪れます。
最近嫌な思い出の兆候のあの痛みがじわじわ迫ってきます…

 

心の中では叫びまくっていましたが表ではそれを隠して何とか病院に到着です。

 

 

まずは杖を売店に返して1000円を返してもらいます。
そしてまずは診断です。

 

 

「どうですかー?」

 

膝の方は順調っぽいけどふくらはぎ上部がすごい痛むことを伝えます。

 

そのことを伝えきった後に先生は思いっきりふくらはぎをつかみ、曲げたりしようとしてきました。

 

「ちょ!マジで!!やめてください!!」

 

思いっきり先生の手を引きはがしてしまいました。
ほとんどキレてましたね(笑)

 

「あ、すいません。内視鏡手術とは言っても内部は関節包を突き破ってこねくり回していますからね。しばらくは痛むかもしれません。」

 

とのことでした。よくわかりませんでした。

スポンサーリンク


痛くてもできる範囲でリハビリはやらなければいけない

リハビリ,痛くてもやる,半月板

そして、そのあとはリハビリです。

 

リハビリの先生(スパルタン先生)にも同じように説明しました。
スパルタン先生は状況を聞いて、すぐに珍しく真剣な顔をしたかと思うと、

 

「それ痛む箇所、痛みかたから完全に神経だね。手術のときに傷ついたんだと思うよ。」
「でも大丈夫、それなら一か月くらいたったら本当徐々に良くなるから。」

 

なんだ?手術の先生より先生っぽいこと言ってくれますね(笑)

 

「じゃあ、チャリ乗れる?」

 

チャリは乗るんですね。さすがスパルタン先生です。でも、神経傷ついたのはわかった上で言うなら頑張れる気がします。
10分間頑張りました。

 

「痛くても動かさなきゃ膝が固まっちゃってまたきつくなっちゃうからね。
痛くてもできる範囲でリハビリはやってください!」

 

すごい説得力でした。これは頑張ったほうがいいんだな、と認識させれましたところでリハビリの終了です。

 

そして何度も言われました。
「本当に治り方は遅いから。1か月くらいで徐々に良くなる感じだから、本当に無理しないでね。」

 

今日のスパルタン先生は妙にいいことをいう気がします。良い指導者というのはこういったことがうまいのでしょうね。

 

リハビリ終了後の帰路

リハビリが無事に終わると帰路に着きます。

 

帰り、ふくらはぎの上部の痛みが鋭くなって、何度も立ち止まりながらの帰宅です。つらかった・・・

 

あんまりに痛くなって、駅のホームでズボンを思いっきり上げて包帯を巻いてみました。
巻いた直後はちょっと良くなった気がするのですが、時間がたつと締め付けがきつくなりまた痛みが激しくなります。

 

自宅の最寄り駅について本当は歩きなのですがその気力はもうすでになくタクシーに乗ってしまいました。

 

退院後初の遠出はこうして無事に終えることができました。

 

まだまだ先は長いですが先生に話を聞いて少しだけ希望を見ることができました・・・

 

早く良くなって復帰できますように…

スポンサーリンク


頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

 

 

前のページ
ロキソニンがふくらはぎの痛みにも効きました

 

 

次のページ-

半月板手術後のリハビリの内容とは

 

 

 

 

知識集へ

(前十字靭帯損傷・半月板損傷・入院に関する知識を書いています。)

前十字靭帯・半月板損傷に関する知識集

おすすめ記事

リハビリ,痛くてもやる,半月板

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

リハビリ,痛くてもやる,半月板

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

リハビリ,痛くてもやる,半月板

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

ふくらはぎの突然の激しい痛み
退院直後、ふくらはぎの激しい痛みに襲われます。前十字靭帯手術の時にはなかった新感覚の痛みに激しく動揺し、調べてみます。解決はできないものの「神経の痛み」ということはわかりました。
ロキソニンがふくらはぎの痛みにも効きました
ふくらはぎの痛みがシャレにならないレベルになってきて、夜も眠れない状態になって来ましたが、ロキソニンを飲むと痛みが幾分か和らぎ眠りにつくことが出来ました。
半月板手術後のリハビリの内容とは
半月板の再縫合手術後、退院してから自宅で実際に行っていたリハビリの内容を書いていきます。必ず毎日行って膝が固まってしまうのを防ぎましょう。太ももの筋肉を増強させるのが目的です。
神経の痛みの期間はどれくらい?
ふくらはぎの神経の痛みがなかなか取れません。退院から2週間を待たずに自転車に乗ってみたところ痛すぎて乗れませんでした。このふくらはぎの神経の痛みの期間は大体1か月くらいでなくなってきますが、刺激を加えての痛みはまだしばらく続きます。
リハビリがとまらない
ふくらはぎの痛みもだいぶ治まってきて、筋トレリハビリにやっと集中できます。毎日毎日飽きもせずひたすら筋トレをしています。半月板の手術において、筋トレは大事な治療の一環です。頑張っていきましょう。
半月板手術3か月でバスケット復帰が近づいてきました。
リハビリを頑張っている甲斐があって3か月で体育館での個人練習は解禁になりました。いよいよバスケットボール本格復帰に向けての練習開始です。感触を忘れた体ですが、早く復帰できるように頑張ります。
下がってしまったモチベーションを上げる方法
半月板の手術4か月後の事、モチベーションが下がってしまいました。そのモチベーションを取り戻した理由とは?人のつながりをじっかんしました。そしていよいよ復帰が近づいてきます。期待と不安が入り混じっています。
半月板手術後の初練習で見えた2つの課題
半月板の手術5か月後、ついに対人練習の参加です。恐怖でなかなか思い切ったプレイはできませんでしたが、完全復帰に向けての大きな一歩を踏み出せたと思います。プレイしてみて見えてきた課題もありました。
前十字靭帯断裂・半月板損傷奮闘記の今後の予定
前十字靭帯断裂・半月板損傷奮闘記のこれからの予定を簡単に書いておきます。リアルの時間に追いついてしまったたため、ブログ自体の更新は遅くなりますが、知識集を充実させていきます。
2017年でバスケットボールの完全復帰を目指します
明けましておめでとうございます。前十字靭帯と半月板の手術をして、2017年に完全復帰を目指します。まだ痛いところはあるけれど、このブログを読んでくれている人に希望をあげられるよう、がんばります。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ