復帰に向けてのリハビリ開始(手術前)

復帰に向けてのリハビリ開始(手術前)

復帰に向けてのリハビリ開始(手術前)

スポンサーリンク


頑張ると決めた数日後、病院に行くと痛みもだいぶ治まっていたこともあり復帰に向けてのリハビリに追われる日が続くようになりました。基本的な項目は膝の可動域の拡大と筋力トレーニングです。
膝に重大なダメージがあると膝の可動域が狭くなります。まず正座なんてできません。

 

受傷後しばらくは屈伸もできません。まずはこれをどうにかしないと走るどころではありません。
そして、筋力が著しく落ちます。目に見えて細くなります。これも見ているのがつらかったですね。自分が長年かけて苦楽を共にした足が弱々しくなっていくのをどうしようもなく見ているのですから・・・

 

内容としてはハーフスクワット(90度までいかないくらいまで腰を落とすスクワット)と体重移動です。元気なころは何にも気にせずにできていたことがこれがなかなかつらい!体重移動は何となく膝が滑っていくような感触があって嫌でしたね。

 

これは靭帯が切れてしまっていて膝から下と上を支えるものがなくなって大きく動いていく現象です。
筋力である程度カバーはできるのですが、嫌な感触はありました。

 

ランニング開始

2週もすれば痛みもなくできるようになりましたが、膝の不安定感はなくなるものではありませんでしたね。
その後、軽いランニングを始めましたが、最初は1キロ程度で、徐々に距離を伸ばしていくような感じです。

 

これも最初はきつかったです。
走るということは切れた靭帯や半月板を刺激することになるので、走り終わってしばらく時間がたつと少し腫れて痛みが出ます。しかし、やらないことには復帰は望めないので耐えて頑張っていきました。
ランニングを始めてからも体重シフトや筋力トレーニングは欠かせません。

 

復帰のために本当毎日頑張っていましたよ。

 

その甲斐あってか、1か月ちょいでこれも痛みなく行えるようになりました。

 

サラサラ書いていますが、ここまで来るのに1か月かかります。これでも非常に順調に進んでいたようでした。
毎日の地道な努力は必須です。

 

しかし、順調とは言っても前十字靭帯や半月板が損傷後、自然治癒することは滅多にありません。
膝の不安定感は取り除くことはできませんでした。

 

それがよくわかったときは自転車に乗っている時です。
自転車に乗るとき、普通だと片足は力を抜いてペダルの上で足が上がってくるのを待って、もう片方の足で踏み込んでペダルを押しますよね?それを交互に繰り返してペダルを回すと思います。

 

そのペダルをこぐ動きをする時ですが、力を抜いていて踏み込むとき、力自体は入るのですが、なぜかペダルを踏み外し足が伸びてしまいます。階段を上るとき、何かに夢中になっていて階段を見ていなくてまだ段差があると思って足を上げておろした時に段差はなくてびっくりするような感覚です。(ちょっとわかりづらいかもしれませんね。すいません。)

 

この頻度は異様に多いのです。決まってケガをしている方の足でなるので、靭帯が切れていることが原因なのは明白でした。これが起きるたびに、やっぱり切れているんだな・・・と痛感させられましたね。

 

しかし、くよくよしている時間はありません。それにも負けないで強い体を作ろうと毎日頑張っていました。

 

半月版のMRI

のちにMRI画像を見返して見ましたが、半月板にもはやりこの時点で大きなダメージがあったっぽいです。
ドクターではないので確証はありませんが、下の画像にて
前十字靭帯,半月板,損傷,手術しない,リハビリ

 

お尻じゃありません(笑)

 

膝です。

 

真正面からのMRIで大体膝の中央に行かないくらいの画像です。
向かって右側が右足の内股にあたる部分ですが、半月板と思わしき箇所が切れていますね。
反対側がきれいな形をしていますが、内側部分ははっきりと裂けています。しかも切れた部分が上に反っています。おそらくこれがロッキングを起こす原因になっていたのかと思います。
※ 医者ではありませんのであってるかは全くわかりません。

 

それにしても、我ながら脂肪が少なくていい脚してますね(笑)
復帰するときまでこれをキープできるのか不安です・・

 

スポンサーリンク


頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

スポンサーリンク

おすすめ記事

前十字靭帯,半月板,損傷,手術しない,リハビリ

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

前十字靭帯,半月板,損傷,手術しない,リハビリ

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

前十字靭帯,半月板,損傷,手術しない,リハビリ

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

悪夢の日 右足前十字靭帯損傷と半月板損傷
前十字靭帯損傷と半月板損傷のケガを負った当日のお話です。靭帯損傷と半月板損傷当日ってそこまで大きな痛みはないんですね。歩けないくらいですけど、捻挫とかと大差ないです。次の日から地獄ですけど。
右膝前十字靭帯、または半月板損傷の疑い
右ひざが痛すぎて足をつくこともままならない状況ですが、打破するには病院に行くしかありません。気合と根性で病院に向かいます。時間がたって思ったことは「なぜタクシーを呼ばないのか」
前十字靭帯・半月板損傷の診断
主治医がいる病院にMRIを見せにいき、やはり靭帯を痛めている診断となりました。本当に悔しくて悔しくて。もう上を目指せないのはわかっています。人生最大の大泣きをしてしまいました。
2度目のロッキング〜手術を決めるまで
前十字靭帯と半月板を負傷し、手術しないで復帰したいと思っていましたが、厳しいかなとも思っていましたが、早々に100%断念せざるを得ない状況になってしまいます。あの地獄の苦しみ、ロッキングです。
関東労災病院に前十字靭帯手術に向けて初通院!
手術することを決め、先生に紹介状を書いてもらい手術のできる関東労災病院に行きます。行ったらすぐに手術の段取りと初めての病院での手術に向けたリハビリ開始です。日々の継続が苦手な私ですが、大丈夫でしょうか
入院1週間前検診
いよいよ入院1週間前、前十字靭帯の手術に関する検診を行います。血液検査と、装具サイズ調整、手術を行うまでの筋トレの指導があります。筋トレはケガをすると筋肉が急激に衰えますので必須事項です。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ