アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは膝のリハビリに非常に役に立つ

前十字靭帯や半月板の手術して退院してから非常に役に立つアイテムでアンクルウエイトがあります。

 

非常にリハビリに役に立ちます。

 

私は2度膝の手術をしましたが、その両方で一番お世話になったリハビリアイテムがアンクルウエイトです。
アンクルウエイト(2kg×2)
これから手術という人は必ず購入しておくことをお勧めします。

 

何度も言います。非常に役に立ちます。


スポンサーリンク




アンクルウエイトはなぜ役に立つのか?

3度も役に立つと書いたアンクルウエイトですが、具体的にどんな場面で役に立つのかお話しします。

 

使うタイミングはリハビリの時のみですが、重要なリハビリを行うときはほとんど確実に使います。

 

1. 膝をまっすぐに伸ばすためのリハビリ

前十字靭帯や半月板の損傷後、又は手術後は膝の曲げ伸ばしにかなりの制限がかかっています。

 

曲げる方は視覚的に曲がっていないのが見えるのでよくわかりますが、伸ばしは感覚では伸ばし切っているし、視覚的にも一見まっすぐ伸びているように見えますが、実際は0度にはなっていません。

 

制限が非常に強ければ座って両足を並べてみればわかりますが、実際に判明できるのはうつぶせになり足を見比べなければわかりません。

 

うつぶせになっているので自分での確認は難しいですし、手の指2本分のずれしかないので素人目には判別しづらいです。

 

ですが、何もしていなければ確実にきちんとまっすぐになっていないのです。
そこで使うのがアンクルウエイトです。

 

座った状態、又は仰向けに寝た状態で膝にアンクルウエイトを乗せます。重みで強制的に膝が伸びるのです。

 

最初やるときは拷問のように感じますがすぐに慣れます。

 

10分程度その状態でじっとしていれば不思議なことにそのまままっすぐになります。
手術前の状態でしたらこれだけで曲げも順調になり正座も可能になったりします。

 

※ 一時的まっすぐになりますが、時間がたてばまた曲がらなくなります。毎日、朝と夜に繰り返し行い、常時まっすぐにできるようにしていきましょう。

 

2. 筋力トレーニング

言わずもがな、アンクルウエイト本来の役目です。

 

足に重りを付けることにより太ももの負荷を高めます。
太ももは元々強い筋肉ですので自重だけではすぐに物足りなくなります。

 

そこで足首にアンクルウエイトを巻いてトレーニングを行えば同じトレーニングでも大きな負荷を与えることができます。

 

足上げるトレーニングの種類は多く、上げ方により負荷を与える筋肉の箇所が違うため用途は多岐にわたります。

 

一番推奨する理由として「用途が多岐にわたる」というところです。

 

・ 座った状態で足を伸ばしての足上げ

ハムストリングスと呼ばれる太ももの上部(大腿直筋)、深層部(中間広筋)が鍛えられます。

 

・ 左向きに寝た状態での足上げ(右足上げとして)

太ももの内側(内側広筋)が鍛えられます。

 

・ 右向きに寝た状態での足上げ(右足上げとして)

太ももの外側(外側広筋)が鍛えられます。

 

・ 椅子に座った状態での足伸ばし

ハムストリングスに大きな負荷を与えます。

 

・ 立った状態でかかとを尻につけるように上げる

ふくらはぎ上部に大きな負荷を与えます。

 

膝周辺を鍛えるトレーニングが多い

上に書いた通り、アンクルウエイトを用いて行うトレーニングの多くが膝周辺の筋肉を鍛えるのに適しています。
私自身、アンクルウエイトには非常に助けられました。

 

このことからリハビリに非常に役に立つアイテムとして紹介させていただきます。




アンクルウエイトの重さはどれくらい?

アンクルウエイトの重さに迷うこともあるかと思います。

 

しかし、これに関しては完全に自身の好みによるかと思います。

 

私の場合を紹介させていただくと、2kgのアンクルウエイトを購入しました。
2つセットですので片足に装着すれば4kgとなります。

 

正直なところ、筋トレするならもう少し重くてもいいかなーと思っています。
しかし、最初の膝を伸ばすために置く場合は最適な重さだと感じました。

 

最適なアンクルウエイトの重さ

スポーツをがっつりやっている私でその主観ですので、最適な重さは
・スポーツをやっている人で男性、筋力に自信のある女性で2kg

 

・上記以外の人は1kg

 

でいいと思います。

 

スポーツをしている男性は2kgでも筋力トレーニングは物足りなくなるかもしれません。
その時はもう少し重たいものを別で購入するという感じでいかがでしょうか。

 

最初の膝に置く重りとして使用するには重すぎるアンクルウエイトでは逆効果になり得ます。
膝が0度以下になってしまうことは好ましくありません。

 

参考にしていただければ幸いです。


表示のアンクルウエイトは2kgです。

軽いものも選べます。

 

知識集へ

(前十字靭帯損傷・半月板損傷・入院に関する知識を書いています。)

前十字靭帯・半月板損傷に関する知識集

 

 

 

スポンサーリンク

頑張れって思ってくれた方はボタンをお願いします(^^)/
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


RSSリーダーで購読する

おすすめ記事

アンクルウエイト リハビリ,アンクルウエイト,アンクルリフト

加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる

長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。

アンクルウエイト リハビリ,アンクルウエイト,アンクルリフト

膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント

膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。


data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-gl+4-17-bo+u4"
data-ad-client="ca-pub-6910580844295721"
data-ad-slot="1138307881">


アンクルウエイトがリハビリに非常に良い2つの理由

アンクルウエイトは前十字靭帯や半月板の損傷をした時のリハビリに非常に役に立ちます。その大きな理由を2つ書かせていただきました。

モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。

氷嚢を手術の際に必ず購入しておきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。

アンクルウエイト リハビリ,アンクルウエイト,アンクルリフト

スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由

前十字靭帯や半月板の手術をして、適切なリハビリを行ったら元通りの強度になるの?答えはNOです。元よりも強度は落ちてしまうため、サポーターの装着は必須になってしまいます。



にほんブログ村始めました!よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ
にほんブログ村

メールフォーム

S-esuのプロフィールはこちら!
S-esuのプロフィール


応援メッセージとか、感想とか聞かせてもらえればうれしいです!お待ちしています。


関連ページ

氷嚢を手術の際に必ず購入していおきたい理由
膝の手術をするとき、何が何でも必ず事前に購入しておきたい物は氷嚢(アイスバッグ)です。その理由をわかりやすく説明します。退院してからは痛みがひどいので買いに行く元気はありません。必ず事前に用意しておきましょう。
モバイルルータが意外にも入院中に役に立つ
テザリングが行える場合でもパソコンにつなぐとすぐにデータ容量を超えてしまいます。モバイルルータを持っていればそんな恐怖からは解放されます。少しでも快適な入院ライフにするために準備してはどうでしょうか。
スポーツ復帰にはサポーターが必需品になる理由
膝の手術をして、いよいよ復帰となるときには膝のサポーターが必需品になります。その理由とサポーターの種類について詳しく説明させていただきます。快適にスポーツ復帰に向けて自分に合ったサポーターを装着しましょう。
暇つぶしで入院生活を有意義なものに変えましょう
入院生活は手術内容にもよりますが、多かれ少なかれ、時間が余ります。その時間の使い方も入院生活の醍醐味です。少しでも有意義に過ごせるように、簡単にどうやって時間つぶしをするか書いてみました。
膝によく効く3つの成分を配合したサプリメント
膝のリハビリも非常に大事ですが、同じくらい大事なのが必要な栄養を摂取することです。膝に有用な栄養はなかなか取ることができません。そこで足りない栄養を補うのがサプリメントです。膝に有用な3つの成分を配合したサプリメントがありました。
加圧シャツは体重を効率よく落としてくれる
長い期間運動をしていなくて増えてしまった体重は効率よく落としたいですよね?私は運動や筋トレだけでは落とせなかったのですが、加圧シャツを着ることで効率よく落とせるようになりました。紹介させていただきます。

ツイッター始めました!


ホーム RSS購読 サイトマップ